ここから本文です

豊洲の盛り土問題、週内にも報告へ リオで小池知事表明

朝日新聞デジタル 9月19日(月)18時56分配信

 東京都の築地市場(中央区)から移転する予定の豊洲市場(江東区)で、主な施設の下に土壌汚染対策の盛り土がされていなかった問題で、小池百合子知事は19日、出張中のリオデジャネイロで報道陣に「経緯など様々な調査を進めるように指示した。戻り次第、調査結果を知りたい」と述べた。週内にも調査結果を公表するとみられる。

 小池知事は、市場の施設設計時に知事だった石原慎太郎氏と面会する考えについても質問され、「調査結果を見て、必要性があればと思いますが。まず結果を見たい」と話した。21日午後に帰国する予定。

 小池知事が10日に問題を公表して以降、都は、担当する都中央卸売市場の当時の担当者らから聞き取り調査を続けている。19日は、市場長経験者ら幹部を中心に、盛り土がされず地下に空間を設けた経緯などについて話を聞いた。

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)9時16分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。