ここから本文です

巨人・高木が痛恨ボーンヘッド 二走でスタートミス

デイリースポーツ 9/19(月) 15:24配信

 「阪神-巨人」(19日、甲子園球場)

 巨人・高木勇人投手が痛恨のボーンヘッドを犯した。

 4点を追う三回、2死から左越え二塁打。チーム初安打で出塁したまでは良かったが、続く長野の右翼線二塁打をファウルと判断してしまったのか、しばらくスタートを切らず。慌てて走り出した時には右翼手の福留から内野へボールが返球され、まさかの三塁ストップとなった。

 続く寺内は空振り三振に倒れて無得点。反撃のチャンスを自らつぶし、高橋監督もぶ然とした表情を浮かべた。

 高木はマウンドでも高山にソロ被弾するなど、二回までに4失点。投打でチームの足を引っ張ってしまった。

最終更新:9/19(月) 15:46

デイリースポーツ