ここから本文です

「重い責任担った」=パラリンピック盛り上げに意欲―小池都知事〔パラリンピック〕

時事通信 9月19日(月)13時35分配信

 【リオデジャネイロ時事】東京都の小池百合子知事は、リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式出席後、記者団の取材に応じ、次期開催都市の首長として大会旗を受け取ったことについて「重い責任を担った。素晴らしい大会にしないといけない」と語った。

 
 小池知事は2020年東京大会に関し、「チケットが取り合いになるくらい盛り上げていきたい」と機運醸成への意欲を強調。「知られていない種目もある」と話し、小中学校で子どもたちが競技を体験できる環境を整備する考えも示した。

 リオで車いすラグビーやボッチャの試合を観戦した小池知事は、大会関係者との意見交換や会場を視察した後、21日に日本に帰国する。 

最終更新:9月19日(月)13時39分

時事通信

【生中継】小池百合子都知事の会見

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。