ここから本文です

小池知事「百合子グリーン」ジャケットで閉会式出席

日刊スポーツ 9月19日(月)10時9分配信

<リオ・パラリンピック:閉会式>◇18日◇マラカナン競技場

 東京都の小池百合子知事(64)は18日夜(日本時間19日午前)、マラカナン競技場で行われたリオパラリンピックの閉会式で、先月の五輪に続き、「フラッグ・ハンドオーバーセレモニー」に出席した。

【写真】リオは「置くだけ」仮設観客席 東京は基礎工事必要

 五輪閉会式では、「日本の勝負服」として着物姿で臨んだが、この日は、自身の勝負カラー「百合子グリーン」の、マント風ジャケットを着用。五輪閉会式での着物と同じく、鶴の模様が描かれ、日本らしさもアピールした。

 小池氏は、国際パラリンピック(IPC)のクレイバン会長から受けたパラリンピック旗を、左右に6回振り、次期開催都市・東京をアピールした。

 五輪閉会式では雨の中の閉会式だったが、今回のハンドオーバーセレモニーの間は、雨は降らなかった。

 セレモニー後は、東京をPRするパフォーマンスが行われ、義足モデルのGIMICO、左足を切断したダンサー大前光市、視覚障がい者への理解を深める活動をする檜山晃が、ダンサーとともに、幻想的なパフォーマンスを披露した。

 終盤は、ピチカートファイブの代表曲「東京は夜の七時」が流れる中、東京パラリンピックへの期待を高めるパフォーマンスとなった。

 小池氏と、引き継がれたパラリンピック旗は、21日に帰国する予定。

最終更新:9月19日(月)11時48分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]