ここから本文です

中国遼寧省、議員454人摘発 全人代選挙違反で7割超資格停止

産経新聞 9月19日(月)7時55分配信

 中国東北部の遼寧省の人民代表大会(省議会)は18日までに、省代表(省議員)617人のうち、7割以上に当たる454人を資格停止処分にした。2013年1月に行われた全国人民代表大会(国会)代表を選出する際、金銭授与などの不正を働いたことが理由。これにより、同省代表大会は法律に基づき会議を開催できなくなった。近く再選挙が行われる見通し。この問題で、全国人民代表大会は13日、同省選出の45人の代表に選挙違反があったとして当選無効を決定した。同省は李克強首相のかつての勤務地。大規模な選挙違反摘発は党内権力闘争と関連していると指摘する声もある。(北京 矢板明夫)

最終更新:9月19日(月)7時55分

産経新聞