ここから本文です

プロ野球 DeNA、初CSに王手 ロペス「最高」延長サヨナラ弾

産経新聞 9月19日(月)7時55分配信

 打ってほしいところで打ってくれる。DeNAのロペスが抜群の働きを見せた。六回に右翼ポール際へ逆転の2ラン。追いつかれて迎えた延長十回には左翼席へサヨナラの3ラン。「最高の気分です」。2本塁打、5打点の活躍に興奮を隠しきれなかった。

 8月中旬から7試合連続で無安打と不振を極めた。それでも指揮官の信頼は変わらなかった。5番だった打順を3番に変える“荒療治”で息を吹き返すと、9月に入って7本塁打と好調だ。

 「違う監督だったら2軍で過ごしていただろう」。ラミレス監督がこう話すように、まさに我慢強く起用し続けたたまもの。ロペスも「監督と毎日話ができている。信じて使ってもらい、助けられている」と感謝を忘れない。

 この日は途中まで完全な広島ペース。一回に3失策で先制点を献上し、広島先発の九里に六回2死まで無安打に抑えられた。六回、十回の得点はいずれも2死走者なしからつないだもの。逆境でも諦めない強さが、今のDeNAにはある。

 4位ヤクルトが敗れ、球団初のCS進出に王手をかけた。19日も横浜スタジアムでの広島戦。本拠地で、大勢のファンとともに歓喜の瞬間を迎えたい。(浜田慎太郎)

最終更新:9月19日(月)7時55分

産経新聞

スポーツナビ 野球情報