ここから本文です

高須氏、二重まぶた番組を批判「でたらめ言ってる」

日刊スポーツ 9月19日(月)12時24分配信

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(71)が、TBSで放送された番組内容について「でたらめ言ってる」と指摘した。

【写真】高須院長「ブラック・ジャックはクズ」無免許医批判

 高須氏は18日午後8時頃、同時刻に放送されていたTBS系「この差って何ですか?」の画面をキャプチャーした画像をツイッターに投稿し、「TBSテレビで二重まぶたのできるメカニズムの説明してる。でたらめ言ってる」とツイート。同番組内では「一重まぶたと二重まぶたの違いは、まぶたを持ち上げる筋肉が1本か2本かの差」だと形成外科医が解説していた。

 しかし高須氏は「一重も二重も筋肉の数はおなじだぜ」「一重は筋肉欠損の先天奇形かよ 笑っちゃう」と異論を唱えた。さらに形成外科医が説明したプチ整形の方法についても「制作の医学的なチェック機能が働かなかっただけだと思います。説明した医者は×です。手術方法も間違っています。その知識でプチ整形手術をやってはいけません」とし、「まことしやかな嘘を言うテレビ番組は嫌いです」と批判した。

最終更新:9月19日(月)13時37分

日刊スポーツ