ここから本文です

高安、1分近い熱戦を制す 幼なじみ・秋元才加に雄姿

朝日新聞デジタル 9月19日(月)22時1分配信

(19日、大相撲秋場所9日目)

 スタミナ切れで棒立ちになった照ノ富士を、高安が一気に攻め立てた。右手で前まわしをつかみ、胸を合わせて寄る。大関の足が俵を割り歓声が沸くと、必死の形相が和らいだ。「落ち着いて、慌てる感じはなかったですね」。2敗の26歳が、優勝争いでも不気味な存在になってきた。

【写真】高安(右)は照ノ富士を寄り切りで破る=林敏行撮影

 狙った右前まわしが取れず、突き合いから相手得意の右四つで組み合った。さらに巻き替えられると右腕が万歳の状態に。万事休すと思われたが、つかんだ左上手を命綱にしのぎにしのぎ、逆転で1分近い熱戦を制した。

朝日新聞社

最終更新:9月19日(月)22時21分

朝日新聞デジタル

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。