ここから本文です

高木勇人、5回4失点で9敗目、序盤に崩れ「ボールが高かった」

デイリースポーツ 9/19(月) 17:36配信

 「阪神4-1巨人」(19日、甲子園球場)

 巨人・高木勇人投手(27)が先発し、5回6安打4失点で9敗目(5勝)を喫した。

 一回2死。高山から7号ソロを浴び1点を失うと、二回に捕まった。先頭のゴメス、原口に連打を許すなどで1死一、二塁。続く板山には二塁手・寺内の頭を越す適時打を放たれると、岩貞の犠打で2死二、三塁。北條には5球目の直球を左中間への2点適時二塁打とされ、この回一挙3失点。若虎の勢いに飲まれる形となった。

 三回以降は1安打と立て直したが、序盤の乱調が大きく響く結果となり「とにかくボールが高かった」と悔しさをにじませた。

最終更新:9/19(月) 17:50

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革