ここから本文です

NY爆発、アフガン出身の米国人容疑者を拘束 米警察

朝日新聞デジタル 9月19日(月)23時18分配信

 米ニューヨーク市で17日夜、爆発で29人がけがをした事件で、米警察当局は19日午前11時すぎ(現地時間)、アフガニスタン出身の米国人、アフマド・カーン・ラハミ容疑者(28)の身柄をニュージャージー州で拘束した。NBCなど複数の米メディアが伝えた。連邦捜査局(FBI)などが指名手配していた。

 ラハミ容疑者が住んでいた同州エリザベスの駅付近では18日夜、複数の爆発物が見つかった。17日には同州シーサイドパークでも爆発が起きているほか、ニューヨークの現場近くの別の場所でも爆発物とみられる不審物が見つかった。ニュージャージー州警察は、シーサイドパークの事件の関連でもFBIがラハミ容疑者を捜していると発表しており、四つの事件すべてに関係している可能性がある。

 ニューヨーク州のクオモ知事は18日まで「海外と事件のつながりは見つかっていない」と話していたが、19日朝、CBSの取材に「捜査が急進展しており、海外とのつながりも疑われる」と語った。(ニューヨーク=中井大助)

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)8時3分

朝日新聞デジタル