ここから本文です

エミー賞作品賞今年も「ゲーム・オブ・スローンズ」

日刊スポーツ 9月19日(月)13時52分配信

 米テレビ界最高の栄誉とされる第68回エミー賞の授賞式が18日、ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで行われ、「ゲーム・オブ・スローンズ」が2年連続でドラマ・シリーズ部門の作品賞に輝いた。

 同ドラマは監督賞、脚本賞も受賞。今月中旬に発表された技術部門を対象にしたクリエイティブアーツ・エミ-賞でも美術や衣装、編集など計9部門を受賞しており、最多12部門を獲得して通産35のトロフィーでエミー賞史上最多受賞のドラマ・シリーズの称号を手にした。

 ドラマ部門主演男優賞は、「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」のラミ・マレックが初ノミネートにして初受賞を果たし、主演女優賞には「オーファン・ブラック暴走遺伝子」のタチアナ・マズラニーが輝いた。コメディ・シリーズ部門は、「Veep」が2年連続で作品賞を受賞し、主演のジュリア・ルイス=ドレイファスは5年連続で主演女優賞に輝く快挙となった。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

最終更新:9月19日(月)13時55分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。