ここから本文です

【競輪】竹内雄作が共同通信社杯でG2初優勝 残り2周前からの先行で押し切る

デイリースポーツ 9月19日(月)17時53分配信

 「共同通信社杯・G2」(19日、富山)

 11Rで決勝戦が行われ、赤板(残り2周)前から先行態勢に入った竹内雄作(28)=岐阜・99期・S1=が逃げ切って1着。G2初優勝を果たした。

 落車を避けて竹内後位を奪った神山雄一郎(栃木)が2着に入り、切り替えて神山を追う形になった園田匠(福岡)が3着。初手から竹内後位を回った浅井康太(三重)は6位でゴールしたものの、最終2角からまくり上げた平原康多(埼玉)を斜行して妨害したために失格した。

 ヒーローの竹内は表彰式で「頭が真っ白でよく分からないです」と話したが、インタビュアーの山口幸二氏が「(師匠の山口)富生の家で選手を目指してたときから、この舞台(表彰式)にいることを想像してた」とたたえられると「師匠に一番の恩返しができました」と涙を流した。

最終更新:9月19日(月)18時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]