ここから本文です

自尊心にとっては最高の媚薬…広島・新井の泣かせる義務感

スポニチアネックス 9月19日(月)9時15分配信

 【鈴木誠治の我田引用】プロ野球の広島が、25年ぶりにセ・リーグを制した。優勝翌日、9月11日のスポニチに泣かせる原稿があった。

 4番の新井貴浩内野手(39)は2008年、FAで広島を飛び出し、阪神に移籍した。しかし、阪神でレギュラーの座を失い、昨季、8年ぶりに広島に戻った。その苦悩と恩返しの思いがつづられた。

 彼を支えたのは、批判覚悟で戻った古巣での復帰後最初の打席だったという。罵声を覚悟した客席が、大声援に包まれた。この日から、39歳のベテランは「(ファンに)喜んでもらうことでしか恩返しはできない」と思い、優勝を果たして「誰かのため、何かのためを思ったときに、こんなにも力が出るんだ…と思い知った」と涙を流した。

 「いい話だね」

 女勝負師のスゥちゃんに音読してあげると、感想はひと言だった。

 「誰かのために、は、大きな力になるからね」

 どうも、そっけない。もう一度、「いい話じゃない?」と聞くと、意外な答えが返ってきた。

 「その新井って人、自分のためにやってたんだと思うよ」

 義務感は、自尊心にとっては最高の媚薬

 芥川賞作家の平野啓一郎氏の小説「葬送」の中に出てくる言葉だ。平野氏は「私とは何か」の中でも、こう書いている。

 愛とは、相手の存在が、あなた自身を愛させてくれることだ。そして同時に、あなたの存在によって、相手が自らを愛せるようになることだ。(中略)つまり、他者を経由した自己肯定の状態である。

 スゥちゃんは言う。

 「野球を続けたのも、広島に戻ったのも、自分のため。広島のファンに喜んでほしかったのも、それによってファンを裏切った自分を許してほしかったのも、自分だよ」

 確かに。新井選手は、広島ファンから大バッシングを浴びて阪神に移籍した。その阪神を自由契約になった時、広島が声を掛けてくれた。「絶対に(広島に)帰ってはいけない」。自問自答した苦悩は深かったという。

 「でも、よくスポーツ選手が言う感謝とか、恩返しよりも、言葉が重い気がするんだよなあ」

 わたしは、引っかかりを覚えた。

 新井選手は阪神に移籍直後、広島での試合で罵声を浴びた。裏切り者と呼んだファンの前に再び立つ。結果を出せなければ、裏切り者のまま消えていくしかない。支えてくれた人に感謝するのは当たり前でも、支えてくれないかもしれない人にも恩返しをしたいと思う覚悟は、やはり厳しい決断だと思うのだ。

 すると、スゥちゃんは付け加えた。

 「自分のために戦うなら、勝っても負けても、自分が責任をとればいい。でも、誰かのために戦うのなら、勝たなければ意味がない。誰かのために勝つ、なんて、軽々しく言う言葉じゃないわ」

 自尊心のために、新井選手は義務を背負った。故郷でもある広島への愛が、自分を変えてくれると思ったかもしれない。ただ、結果を出さなければ、誰も満たされない。優勝する時まで、「誰かのため」の思いを秘めていたのは、簡単なことではないと分かっていたからではないだろうか。

 新井選手の記事についたスポニチ(東京版)の見出しは、こうだった。

 「今なら言える ただいま ありがとう」

 ◆鈴木 誠治(すずき・せいじ)1966年、静岡県浜松市生まれ。立大卒。ボクシング、ラグビー、サッカー、五輪を担当。軟式野球をしていたが、ボクシングおたくとしてスポニチに入社し、現在はバドミントンに熱中。

最終更新:9月19日(月)9時17分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]