ここから本文です

【次回注目馬】ノーブルヴィーナス末脚上々 2走目で前進必至

スポーツ報知 9月19日(月)11時54分配信

◆ノーブルヴィーナス(9月17日、阪神7R・500万、ダート1200メートル=5着)

 秋の阪神開催2週目は、土曜のレース終了後に雨が降って、ダートコースは17日の土曜は良、18日の日曜は不良で行われた。開幕週の傾向から良馬場でも速い時計での決着が多かったダートで、日曜は高速化するかと思われたが、水が浮いている状況もあって、かなり走りづらく、表面上が乾いたマウントハレヤカラが勝った最終レース(流れが速くなったこともあるが)を除いては、不良場場にもかかわらず、時計がかなりかかっていた。特殊な状態だったことは、今後の馬券作戦を組み立てるうえで頭い入れておきたい。

 で、狙い馬は良馬場で行われた土曜のダート6ハロン戦から。時計そのものは平凡だが、激しい流れになっても前が止まらないのが阪神ダートの傾向。そのなかで、出遅れて後方からの競馬になり、4角で大外を回しながら、ゴール前で詰め寄った中身は見どころ十分。休み明けで降級戦だっただけに、叩いた上積みは大きそうで、今の阪神よりは、直線がフラットでも京都の方がいいかも。前が速くなるメンバー構成なら差し切りを見込める。(中野 達哉)

最終更新:9月19日(月)12時24分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ