ここから本文です

【次回注目馬】ベストティアーズ内容ある2着デビュー 将来性も十分

スポーツ報知 9月19日(月)11時55分配信

◆ベストティアーズ(9月18日、中山5R・新馬・芝1600メートル=2着)

 15番枠から先行したが、外枠だったため前に馬を置けなかったのが、痛かった。半マイルが51秒2のスローペースもあって、終始行きたがる様子を見せ、直線入り口では押し出されるように先頭へ。脚がたまらない苦しい展開だったが、それでもゴールまでしぶとく脚を伸ばして、勝ち馬とは3/4馬身差の2着。「残念。気のいいところが出てしまった」と田中勝は悔しがった。

 半兄は09年札幌2歳S2着のモズ(父スペシャルウィーク)。母ベストブートのきょうだいには、2000年の南部杯など重賞5勝を挙げたゴールドティアラ、10年の英クイーンエリザベス2世Sを勝ち、種牡馬として活躍中のポエッツヴォイスがいる。血統的には筋が通っており、ハーツクライ産駒で成長力もある。未勝利突破はもちろん、いずれは上のクラスまで出世が期待できる。(椎名 竜大)

最終更新:9月19日(月)12時24分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ