ここから本文です

上西議員、たけしの「盆踊り議員」批判に持論「私は行く」「恥知らずにしか…」

デイリースポーツ 9/19(月) 19:47配信

 衆院議員の上西小百合氏がツイッターで、ビートたけしがテレビ番組で「盆踊りに何回来たかで議員を選んできた」と有権者側の意識に疑問符をつけたことを「全て正しい」としながらも、「私は行きます」「恥知らずにしかできない事はある」とツイートした。

 たけしは18日放送のテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」(日曜、前11・55)で、東京都の小池都知事VS反対勢力がテーマとなった際に「投票する方の意識問題があって、これまで正月とか盆踊りに何回来たとか、それで投票が決まるような議員を選んできたのが原因だよ」と述べた。

 これを受け上西氏はツイッターで「『TVタックル』でビートたけしさんが、盆踊りに顔出してりゃ当選するような議員を選ぶ選挙制度(国民)が悪いという意見。正しいです。全て正しい」とした。

 ただ一方で上西氏は「でもそれが選挙ですから私は行きます。選ばれる(立候補する)みっともなさってそういう事です」と投稿。「私は恥知らずにしかできない事はあると思っている」との主張を展開した。

最終更新:9/19(月) 20:01

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]