ここから本文です

益若つばさ 笑うのが苦手な理由「交通事故で歯がぐちゃぐちゃに」

スポニチアネックス 9月19日(月)12時26分配信

 モデルでタレントの益若つばさ(30)が19日、自身のツイッターを更新。10代の頃に交通事故に遭った影響で、笑うことが苦手になったと明かした。

【写真】ミルキーバニーとしてCDをリリースしたこともある益若つばさ

 益若は「昔は甘くない少年みたいな顔がコンプレックスで、必死にたれ目にたれ目にってメイクを濃くして誤魔化してた」と過去の悩みを告白。その悩みは「甘すぎない悪そうな顔って逆にいいじゃん!てプラスに考えられるようになった」と現在は克服していると明かした。

 すると、続くツイートで「私は10代の時に交通事故にあって歯がぐちゃぐちゃになっちゃったから笑うのが苦手なの」と告白。「だから笑顔が不自然とかなんで歯出して笑わないのとか言われて私も昔みたいに心から笑いたいよ」と心情を吐露した。

 事故に遭って以来、10年以上歯医者に通って治療を続けていることも説明。「まだまだコンプレックスだから今はまだあんまり上手く笑えないけど、いつの日か克服できて気にしなくなれたらとびきりのスマイルを毎日お届けするわ」と明るく締めくくった。

最終更新:9月19日(月)13時41分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。