ここから本文です

【日本ハム】武田勝、今季限りで現役引退…変則フォームで4年連続2ケタ勝利マーク

スポーツ報知 9月19日(月)14時21分配信

 日本ハムの武田勝投手(38)が今季限りで現役引退することが、18日までに分かった。17日に札幌市内で球団幹部と会談。来季以降についての話し合いが行われ、プロ11年目で現役を退く意向を固めた。23日に会見が行われる。

 武田勝は変則フォームの技巧派左腕。ダルビッシュ(現・レンジャーズ)に次ぐ先発の柱としてフル回転し、09年から左投手として球団史上初となる4年連続で2ケタ勝利をマークした。13年には初の開幕投手を務めたが、14、15年と3勝止まり。今季はここまで1軍登板はなかった。

 それでも、06、07、09、12年と4度のリーグ制覇、06年の日本一に大きく貢献。通算82勝を挙げた。若手やチーム関係者からの人望も厚く、来季は何らかのポストが用意される見込みだ。

 ◆武田 勝(たけだ・まさる)1978年7月10日、愛知・名古屋市生まれ。38歳。上名古屋小4年で投手として野球を始める。関東一高で1年夏に甲子園出場も初戦敗退。立正大を経て01年にシダックスへ。05年の大学・社会人ドラフト4巡目で日本ハムに入団。通算成績は243試合で82勝61敗1セーブ、防御率3・02。既婚。176センチ、73キロ。左投左打。年俸4000万円。

最終更新:9月20日(火)3時25分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)