ここから本文です

宇多田「桜流し」に込めた思い 作詞の苦しみも明かす

デイリースポーツ 9/19(月) 21:38配信

 歌手・宇多田ヒカル(33)が19日、テレビ朝日系「ミュージックステーション ウルトラFES 2016」に出演、12年の楽曲「桜流し」を披露した。

 宇多田がMステに出演するのは約8年ぶり。事前に収録した司会のタモリとの対談では、東日本大震災の後に作った「桜流し」に込めた思いも明かした。「桜流し」は12年公開の映画「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」の主題歌。「映画関係でお話が来て、書こうと思った時にどうしてもそこ(震災)に思いをはせて書き始めた曲ですね」と告白した。

 実は作詞経験もあるタモリが「そういうのは難しいよね?」と尋ねると宇多田も思わず同意した。宇多田は曲を先に作って、後で歌詞を付ける制作スタイルで「登山みたいなもんで、苦しくなる、つらくなるっていうのを分かっててやりにいくのに意味があるんです」と力説。「終わったあとに、やってやったぜって何かが整理されてスッキリするんです」と産みの苦しみと解放感を自ら解説した。

 宇多田は2010年8月に「人間活動に専念」するとして、音楽活動を休止。14年5月にイタリア人バーテンダーと結婚し、15年7月に第1子の男児を出産した。その後、今年4月4日にスタートしたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」を担当し、音楽活動を本格再開した。9月28日には約8年半ぶりとなる新アルバム「Fantome」を発売する。

 9月5日には日本テレビ系「NEWS ZERO」に出演し、再始動後初めてテレビに登場。同番組の村尾信尚キャスターとの対談の一部が先行公開され、13年8月に亡くなった母・藤圭子さんへの思いなどを語っていた。

最終更新:9/19(月) 21:40

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革