ここから本文です

【静岡】夏代表・常葉菊川、センバツ絶望的 県大会2回戦で完敗 

スポーツ報知 9月19日(月)14時59分配信

◆秋季高校野球静岡県大会 ▽2回戦 聖隷クリストファー8―2常葉菊川(19日、清水庵原)

 今夏の甲子園に静岡県代表として出場した常葉菊川が、聖隷クリストファーに2―8で敗れ、夏春連続の甲子園出場が絶望的となった。

 今大会は、17日の1回戦で富士宮西に2―1で快勝。この日は同じ西部地区5位の聖隷クリストファーと対戦したが、初回に2点を先制されると、4回に2点、6回に3点を奪われ、0―7に。7回に2点を返したが、その裏1点を追加され万事休す。夏の甲子園を経験したメンバーがほぼいないなか、聖隷クリストファーの11本を上回る12本の安打を放ちながら走塁ミスなどが響いた。

 高橋利和監督は、「公式戦に出たことがないメンバーが多かったし、だめなところが全部出た。勝つにせよ負けるにせよ、菊川らしいずうずうしい面がなかった。冬に鍛え直します」と振り返っていた。

最終更新:9月20日(火)3時36分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]