ここから本文です

声優初挑戦の本田望結「ふたつの夢同時にかない幸せ」

スポーツ報知 9月19日(月)14時33分配信

 女優の本田望結(12)が19日、日本語吹き替え版で声優に初挑戦した米映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」(公開中、スティーブン・スピルバーグ監督)の公開記念舞台あいさつを都内で行った。

 子どもに夢を吹き込む心やさしい巨人「BFG」と、好奇心旺盛な少女との友情の奇跡を描いたファンタジーアドベンチャー作品。昔から憧れていたという声優に初挑戦した本田は「ディズニー作品に出演したいという夢とふたつが同時にかなって幸せです」と笑顔を見せた。

 サプライズゲストとしてBFGのコスプレで登場したお笑いコンビ麒麟の川島明(37)と田村裕(37)から、全国キャンペーンのごほうびに特製BFGケーキをプレゼントされると大喜びした。

 3人は“BFG川柳”に挑戦。本田は「B…(お)ばあちゃん、F…2人でみてね、G…(お)じいちゃんと!」というやや苦しい作品を披露。川島からの「望結ちゃんが“ばあちゃん”とか言えないもんね」のフォローに照れ笑いした。また、田村の「B=びっくりした、F=2日続けて、G=ぎっくり腰」という自虐ネタには「お大事にして下さいね」と気づかった。

 フィギュアスケート選手としても活動する本田は、よく同じリンクで練習しているというプロフィギュアスケーターの織田信成(29)にも「映画、みたよ」と声をかけられたと、笑顔で話した。

最終更新:9月19日(月)16時44分

スポーツ報知