ここから本文です

小堺一機「ごきげんよう」通算ギャラ「20億円」と明かす

デイリースポーツ 9/19(月) 23:25配信

 タレント・小堺一機(60)が19日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」に出演。今年3月まで、前身番組時代から31年間続いたフジテレビ系の長寿番組「ごきげんよう」の通算ギャラを聞かれ、「20億円はもらってると思います」と告白した。

 番組では23歳時に事務所から受け取った初月給が15万円だったことや、若手時代に明石家さんまから給料について「そら、嘘や。お前、言うたほうがええで」と勧められて事務所に昇給をかけあったところ「バンッって上がりました」とも明かした。

 質問コーナーで「ごきげんようでいくら儲かった?」との直球質問をうけ、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也らが「さすがに分からないですよね」と問うと「はい、分かります!」とキッパリ。

 最初ははぐらかし、「最近の芸人はずるいよ。自分も儲かってんのに、そういうときだけ庶民の方に降りて行ってさあ」と反撃するも、「通年で20億くらいもらってると思います」と堂々と明かしていた。

最終更新:9/20(火) 8:03

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]