ここから本文です

【BOX】「神の左」山中、TG戦で始球式 2度目挑戦の元球児はノーバンなったか?

スポーツ報知 9月19日(月)15時5分配信

◆阪神―巨人(19日・甲子園)

 プロボクシングで国内歴代2位タイとなる11度目の防衛に成功したWBC世界バンタム級王者・山中慎介(33)=帝拳=が、19日の阪神―巨人戦(甲子園)で始球式を行った。

 「神の左」と形容される左手にボクシンググローブをつけて登場。小、中学時代、野球部で投手だった山中だが、投球はワンバウンドになった。

 甲子園での始球式は2度目で、いずれもワンバウンド。ノーバウンドで投げることを目標にすえる王者は「大きな試合をして、三度目の正直でまた呼んでもらえるように頑張ります」と雪辱を誓った。

最終更新:9月19日(月)15時47分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]