ここから本文です

西武多和田8回2失点7勝目「納得いく投球できた」

日刊スポーツ 9月19日(月)17時38分配信

<西武5-2楽天>◇19日◇西武プリンス

 西武多和田真三郎投手(23)が8回2失点の好投で7勝目を挙げた。立ち上がりの1回、先頭の岡島に左前打を打たれたが、ペレス、ペゲーロを外角直球で連続空振り三振に仕留めると、リズムに乗った。

【写真】楽天茂木ランニング本塁打 シーズン2本は川相以来

 毎回三振を奪う危なげない投球で8回を投げきった。味方が8回裏の攻撃中、ベンチ前でキャッチボールをした。田辺監督は「1点でも入れば続投だった。3点差だったので増田を投入した」と説明したように、セーブ機会でなければ完投を任せられるような投球だった。ここに来て5連勝の多和田は「9回も投げたい気持ちはありました。今日は、全体的に良くて、納得のいく投球ができました」と振り返った。

最終更新:9月19日(月)18時1分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。