ここから本文です

安美錦4敗「体ついてこなかった」足もつれバッタリ

日刊スポーツ 9月19日(月)17時40分配信

<大相撲秋場所>◇9日目◇19日◇東京・両国国技館

 夏場所で左アキレス腱(けん)断裂の大けがを負い、十両に転落した西10枚目安美錦(37=伊勢ケ浜)が、4敗目を喫した。

【写真】井筒審判長「かなりの衝撃」安美錦が飛んできた

 東5枚目千代丸(25=九重)を立ち合いから一気に押し込むなど、元気いっぱい。手を休めず右の張り手を2度狙ったが、最後は足がもつれてバッタリと落ちた。決まり手は引き落としで、連勝は4で止まり「あんなことしちゃダメだね。足が動かなかった。熱くなると体が動く。それに体がついてこなかった」と話した。

 支度部屋では穏やかな表情で淡々と話していたが「はらわたは煮えくり返ってるよ。(表情に)出してないだけで」と、悔しさも口にした。続けて「後で風呂場で泣き叫ぶよ」と笑いを誘い、いつも通りひょうひょうと引き揚げた。

最終更新:9月19日(月)17時58分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]