ここから本文です

天野事務局長、3選目指す=北朝鮮核問題で「継続性」訴え―IAEA

時事通信 9月19日(月)23時47分配信

 【ベルリン時事】来年11月で2期目の任期が切れる国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は19日の記者会見で、3期目続投を目指す意思を理事会議長に伝えたことを明らかにした。

 
 天野氏は北朝鮮の核問題や核物質の安全管理といったテーマに言及した上で、「IAEAは今後数年間、大きな課題に対応していくことになる。これらに取り組むために、継続性や一貫性が非常に重要だ」と語った。理事会は10月3日の会合で、事務局長選挙の手続きを決める予定。

 天野氏は外務省出身。2009年にIAEA事務局長に就任した。 

最終更新:9月19日(月)23時49分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。