ここから本文です

【柔道】リオ五輪金・大野のすき焼き祝賀会にたむけん乱入

スポーツ報知 9月19日(月)16時1分配信

 リオデジャネイロ五輪柔道男子73キロ級金メダリストの大野将平(24)=旭化成=と同パラリンピック柔道男子100キロ超級銅メダリストの正木健人(29)=エイベックス=の祝賀会が19日、奈良・天理市内で開かれた。約900人が集まったすき焼きパーティーに、お笑いタレント・たむらけんじ(43)がスペシャルゲストとして駆けつけた。

 おなじみのふんどしに獅子舞の衣装で登場した“たむけん”は「大野選手、金メダルおめでちゃ~」と祝辞。最近、大野と食事をした際に「もし、お時間があれば」と直接オファーを受けたといい「結構、ヒマなんです。この格好をしたのも久々で、ふんどしがシワシワになっていた」とボケつつも「感動をありがとうございました。2020年も東京で金メダルを期待しています!」と真面目に締めくくった。

 会の冒頭で大野は「リオで少しは天理柔道を体現できたんじゃないかなと思います。山口で柔道の楽しさを教えていただき、講道学舎で強くしていただき、天理大学で美しくしていただき、旭化成で勝たせてもらえるようになりました。そして全日本で人間力を磨くことができました」と、これまでサポートを受けたすべての人に感謝した。

 20年東京五輪に向けて「金メダルを生かすも殺すも、自分次第だと思っています。金メダルにふさわしい人間に成長できるように日々、精進していきたいと思っています。一つ一つの大会を勝ち続けて、4年後につながっていければ」と気持ちを新たにした。

最終更新:9月19日(月)18時55分

スポーツ報知