ここから本文です

古川工・間橋監督、Bリーグ仙台率いる兄に贈る1勝

日刊スポーツ 9月19日(月)19時23分配信

<高校野球秋季宮城県大会:古川工11-2角田>◇19日◇1回戦◇コボスタ

 古川工を率いる間橋康生監督(45)が、双子の兄にエールを送る1勝を手にした。

【写真】Bリーグ仙台にスター候補!山P似イケメン熊谷宜之

 打撃に不安のあったチームに、ボールにバットを当てにいくのではなく、強く振り抜くことを徹底させた。その効果か、15安打11点の8回コールドで圧勝し「ナイスゲーム」と選手をたたえた。

 兄はプロバスケットボール、Bリーグ1部東地区の仙台89ERSを今季から率いる間橋健生ヘッドコーチ(HC、45)。「向こうは勝っても負けても子どもの育成のため、という理由が通用しない。我々と違って仙台を背負っている」と、プロの指導者を思いやった。

 小学校時代は康生監督が投手、健生HCが捕手とバッテリーを組んでいた。中学から別々の道を歩んだが、康生監督は11年夏に古川工を甲子園に導き、昨年夏の宮城大会は準優勝した。

 康生監督は「負けないように、お互い頑張ろう」などと話しているという。健生HCは24日に、Bリーグ元年の歴史的初戦を迎える。

最終更新:9月19日(月)22時50分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]