ここから本文です

猫ひろし五輪力走に支え続けた妻涙「面白いかわからないけど…」

スポニチアネックス 9月19日(月)20時58分配信

 リオデジャネイロ五輪の男子マラソンにカンボジア代表で出場したタレントの猫ひろし(39)と妻・恵子さん(39)が19日に放送されたTBS「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」に出演。猫が芸人として売れなかった時、国籍を変えバッシングを受けた時、リオ五輪を目指して競技を続行した時も支え続けた恵子さんの支えがあった。

 猫がまだ芸人志望だった15年前に交際をスタートした2人。マラソン関連の仕事が増え、07年に結婚。国籍をカンボジアに変え一時は12年ロンドン五輪のの代表が内定しながら取り消しに。各方面から批判を浴びたが、恵子さんは猫を後押しし続けた。

 16年には39歳を迎えるとわかっていても、4年間諦めずリオ五輪切符をついにつかんだ猫。結果は完走140人中139位だったものの、恵子さんは「猫ひろしって面白いかどうかわからないけど、芸能人としても一流じゃないし足りないところだらけだけど、とにかく根性だけはあるし、本当頑張り屋さんなんだな」と涙。「猫ひろしの妻で良かった?」と改めて問われると、一点のくもりもない表情で「はい、良かったです」と笑みを浮かべた。

最終更新:9月19日(月)20時58分

スポニチアネックス

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。