ここから本文です

【富山・共同通信社杯】竹内が初制覇「無我夢中。実感が湧かない」

スポニチアネックス 9月19日(月)21時5分配信

 競輪の第32回共同通信社杯(G2)最終日は19日、富山市の富山競輪場で決勝(2015メートル、6周)が行われ、28歳の竹内雄作(岐阜)が2分54秒4(上がり10秒1)で、特別競輪(G2以上)を初制覇した。優勝賞金2130万円を獲得。

 残り2周半から竹内を先頭に中部勢が先行。残り半周で、2番手にいた浅井康太(三重)が斜行した影響で平原康多(埼玉)ら2選手が落車するアクシデントに乗じ、竹内がそのまま逃げ切った。うまく内から進出した神山雄一郎(栃木)が1車身1/2差の2着、3着は園田匠(福岡)だった。浅井は失格。

 払戻金は車連単が(5)―(2)で1万4800円、3連単が(5)―(2)―(3)で11万1860円。

 ▼竹内雄作の話 後ろの浅井さんを信じて走ったので、ペース配分も考えていなかった。無我夢中でゴールするまで勝ったかどうか分からなかった。まだ実感が湧かない。

最終更新:9月19日(月)21時7分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]