ここから本文です

【巨人】マシソン、3年ぶり2度目「最優秀中継ぎ投手」タイトル確定

スポーツ報知 9月19日(月)16時48分配信

◆阪神4―1巨人(19日・甲子園)

 巨人のスコット・マシソン投手(32)が、3年ぶり2度目の「最優秀中継ぎ投手」のタイトルを獲得することが確定した。

【写真】巨人・甲子園で今季初黒星

 マシソンは18日までに今季66試合で8勝3敗1セーブ、38ホールドで防御率2・40。最優秀中継ぎのタイトルは「救援勝利+ホールド」のホールドポイント(HP)数で競うが、マシソンはここまで46HPでリーグトップ。2位の広島・ジャクソンが40HP、3位がヤクルト・ルーキの38HPだが、いずれも残り全試合でHPをマークしてもマシソンを上回れず、タイトルが決まった。

 マシソンは来日2年目の2013年から4年連続で60試合以上に登板。ここまで日本での5年間の通算成績は296登板で21勝19敗43セーブ、防御率2・33。

 タイトル獲得が決まったことについて「一つでも多くの試合に投げることが信頼につながると思ってやってきた。タイトル争いの一番上に名前があるのは光栄なこと。トレーナーのみなさんが身体のケアをしてくれることが大きい。他にもチームメートで何人もタイトルを獲得しそうな選手がいる。とはいっても、チームは2位。(個人タイトルより)チームが1位になることの方が重要だった」と優勝を逃した悔しさを口にした。

最終更新:9月26日(月)13時42分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]