ここから本文です

K1卜部功也が優勝 決勝で大雅破る

日刊スポーツ 9月19日(月)23時11分配信

<K-1:WGP2016>◇19日◇東京・代々木第2体育館

 「K-1 WGP 2016」が19日、東京・代々木第2体育館で行われ、注目のスーパー・フェザー級世界最強決定トーナメントで、前世界王者の卜部功也(26)が優勝した。

 卜部功は1回戦でカリム・べノーイ(28=フランス)、準決勝でパウロ・テバウ(26=ブラジル)、決勝で4月の日本代表決定トーナメントの覇者・大雅(20)を破って、60キロ世界最強の称号を手にした。

 試合結果は次の通り。

◆プレリミナリーファイト第1試合

K-1 フェザー級 3分3ラウンド

△芦沢竜誠 引き分け(1-0) △伊藤健人

◆プレリミナリーファイト第2試合

K-1 ヘビー級 3分3ラウンド

○K-Jee KO(2回1分23秒) ×斐也

◆プレリミナリーファイト第3試合

K-1 スーパー・フェザー級 3分3ラウンド

○郷州征宜 判定(2-0) ×”DYNAMITE”高橋佑太

◆第1試合

K-1 WGP スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・リザーブファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○皇治 判定(3-0) ×闘士

◆第2試合

K-1 WGP スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・1回戦(1)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○大雅 KO(2回3分) ×ハビエル・エルナンデス

◆第3試合

K-1 WGP スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・1回戦(2)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○卜部弘嵩 判定(3-0) ×ヨハネス・ウルフ

◆第4試合

K-1 WGP スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・1回戦(3)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○卜部功也 判定(3-0) ×カリム・ベノーイ

◆第5試合

K-1 WGP スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・1回戦(4)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○小宮山工介 判定(3-0) ×パウロ・テバウ

◆第6試合

K-1 カレッジ 55キロ決勝戦

2分3ラウンド、延長1ラウンド

○桑田裕太 KO(3回1分22秒) ×野村優

◆第7試合

K-1 カレッジ 60キロ決勝戦

2分3ラウンド、延長1ラウンド

○森井洸介 判定(2-0) ×内田道隆

◆第8試合

K-1 カレッジ 65キロ決勝戦

2分3ラウンド、延長1ラウンド

○森香津真 KO(3回27秒) ×ホン・チンヤオ

◆第9試合

K-1 WGP スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・準決勝(1)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○大雅 判定(3-0) ×卜部弘嵩

◆第10試合

K-1 WGP スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・準決勝(2)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○卜部功也 KO(2回58秒) ×パウロ・テバウ

※小宮山は左足負傷のためテバウが出場

◆第11試合

スーパーファイト K-1 ライト級

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○林健太 KO(1回2分47秒) ד狂拳”竹内裕二

◆第12試合

スーパーファイト K-1 ヘビー級

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○上原誠 判定(3-0) ×KOICHI

◆第13試合

K-1 スーパー・ライト級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○ゴンナパー・ウィラサクレック 判定(3-0) ×山崎秀晃

◆第14試合

K-1 WGP スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・決勝

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○卜部功也 KO(1回1分31秒) ×大雅

最終更新:9月19日(月)23時11分

日刊スポーツ