ここから本文です

【レディスプレリュード】4番人気のタマノブリュネットが重賞初制覇

スポーツ報知 9月19日(月)18時1分配信

 交流G2・レディスプレリュードが19日、大井競馬場のダート1800メートルで牝馬14頭(JRA5頭、南関東5頭、他地区4頭)が出走して争われた。4番人気でJRA所属のタマノブリュネット(牝4歳、美浦・高柳厩舎)が直線で抜け出して快勝。重賞初制覇を飾った。

 同馬は父ディープスカイ、母カフェピノコ(父ジェイドロバリー)で2014年12月にデビュー。昨年のレパードS・G3、今年1月の交流G3・TCK女王盃で3着に入っていた。通算成績は16戦5勝(うち地方4戦2勝)。

 レースは、9番人気のトーコーヴィーナス、1番人気のホワイトフーガが2着同着だった。

最終更新:9月19日(月)18時1分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ