ここから本文です

【パラ柔道】銅メダル・正木が祝賀会で4年後、東京に向け決意「この悔しさをバネにする」

スポーツ報知 9月19日(月)18時27分配信

 リオデジャネイロ五輪柔道男子73キロ級金メダリストの大野将平(24)=旭化成=と、同パラリンピック柔道男子100キロ超級銅メダリストの正木健人(29)=エイベックス=の祝賀会が19日、奈良・天理市内で開かれた。

 2012年ロンドン・パラリンピックの同級で金メダルに輝いた正木は、連覇こそ逃したが、2大会連続でメダルを獲得した。「今回も金メダルを取ると周りに豪語していたんですけど、負けてしまって本当に悔しくて、応援してもらった人に申し訳ないな、という気持ちが強い。銅メダルで招待を受けていいのかなと思ったけど、多くの人に祝福していただけて光栄でうれしく思う」と感謝した。

 「東京パラリンピックでは、この悔しさをバネにして、銅メダルを目に焼き付けて、この悔しさを4年間、忘れずに稽古に励んでいきたい。死に物狂いでやらないといけない」と自身に言い聞かせていた。

最終更新:9月19日(月)18時27分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]