ここから本文です

松尾翠アナ、騎手の夫からのプロポーズは「レースで死ぬかもしれない…」

スポーツ報知 9月19日(月)21時1分配信

 騎手の福永祐一(39)と2013年に結婚したフリーアナウンサーの松尾翠(33)が19日放送のTBS系「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」(後7時)に出演し、騎手の夫との夫婦生活を語った。

【写真】北村総一朗、プロポーズはベッドで正座で

 普段は京都で暮らしながら、夏場には北海道に1か月移住し、食生活などで夫をサポートしている松尾は、2012年4月に福永と交際1か月で両親と面会したことが、騎手の妻として生きていく中で、大きな意味を持ったと明かした。福永の父・洋一さんは福永が2歳のときに落馬し下半身不随となり車椅子生活を送っている。福永は「結婚してすぐに落馬をして父と同じような可能性はゼロではなない。介護してもらう可能性もある。父に会わせることで、そういうことを見せたかった」と語った。

 翌年1月のプロポーズも「レースで死ぬかもしれない。それでも結婚してくれるか」だったという。「大好きな競馬を納得のいくまでがんばってほしい」と決意し、同年8月に結婚し、長女にも恵まれたが、昨年10月に福永は落馬し全治5か月の重傷を負った。松尾は「危険がほかの職業より多いのは事実。覚悟は私なりにもって、心の隅においている」と気丈に話した。松尾の献身的なサポートで、福永は復帰。今年2月にはJRA通算1900勝をマーク。福永がインタビューで「怪我の間、ずっとサポートしてくれた妻のおかげです」と言ったのを聞き、松尾は涙。今後も献身的に支えていくことを誓っていた。

最終更新:9月19日(月)22時19分

スポーツ報知