ここから本文です

馬術部の馬、脱走し住宅地を走る!名古屋市守山区

スポーツ報知 9月19日(月)21時20分配信

 19日午前6時10分ごろ、名古屋市守山区上志段味の住民から「茶色の大きな馬が走っている」と110番があった。近くにある名古屋工業大の馬術部の厩舎から逃げ出した馬で、愛知県警守山署員らが集合住宅の敷地内で発見。約1時間後、馬術部の学生と共に捕獲した。けが人や住宅への被害は確認されていない。

 馬術部の関係者によると、馬は厩舎から北東約1キロ離れた集合住宅の玄関先で横たわっていた。同署からは警察官4人が出動。脱走から約2時間後、馬術部の学生が警察とともに捕獲したという。厩舎の柵3本のうち、下2本が壊れていた。逃げた馬が暴れ、柵を壊した可能性がある。馬は学生が24時間体制で管理しているという。

 捜査関係者は「これまで周辺で馬が脱走したというのは聞いたことがない」と驚いた様子。大学の学生生活課は「周囲の住民に迷惑を掛けて申し訳ない。再発防止に努めたい」とした。

最終更新:9月19日(月)21時20分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。