ここから本文です

【オリックス】平野の連続試合無失点が「26」でストップ…チームは引き分け

スポーツ報知 9月19日(月)21時48分配信

◆ソフトバンク3―3オリックス=延長12回規定により引き分け=(19日・福岡ヤフオクドーム

 オリックス・平野の連続試合無失点が「26」で止まった。1点リードの8回1死一、二塁のピンチで登板し、長谷川を右飛、江川は空振り三振。だが、イニングまたぎとなった9回に2死から中村晃に同点打を許した。ソフトバンクには今季10試合目で初失点。抜群の安定感でフル回転してきた守護神は「相手(中村晃)が上だった。次からもう一度、やります」と言い訳はしなかった。

 チームは3点差を追いつかれ、ソフトバンクとの最終戦を引き分け。先発・西の3年連続2ケタ勝利は持ち越しとなった。福良監督は「勝ちきれなかったですね…」と悔しそうな表情を浮かべ「平野はよく投げてくれたと思う。(延長12回1死満塁でT―岡田が空振り三振に倒れ)あそこはTに期待したんですけどね」と残念がった。

最終更新:9月27日(火)2時14分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報