ここから本文です

沢村一樹、主演ドラマの主題歌をJUJUとデュエット!

スポーツ報知 9月20日(火)6時7分配信

 俳優の沢村一樹(49)が、日本テレビ系主演ドラマ「レンタル救世主」(10月9日スタート、日曜・後10時半)の主題歌(タイトル、発売日未定)を歌手のJUJUとデュエットで歌う。

 どんな依頼でもこなす「救世主」のレンタル会社で働く主人公・明辺(あかべ)悠五(沢村)が奮闘するドラマにちなみ、JUJUが「一緒に主題歌を歌って」と依頼。歌謡曲を現代風にアレンジしたアップテンポな楽曲を歌う。沢村がJUJUのライブを何度も見に行くなど、親交が深い2人。ボイストレーニングを重ねてレコーディングに臨んだ沢村は「歌いながらJUJUとひとつになれた」。JUJUも「歌声がステキでキュンキュンした」と笑顔。

 「JUJU feat.明辺悠五」名義でCD化が決定。07年の同局系ドラマ「働きマン」で「働木満」(はたらき・みつる)名義で「働きマン音頭」を歌って以来、9年ぶりのCD発売に「僕の声はセクシーなフェロモンが入ってる。音楽番組のオファーが来たら楽しんで出たい」と得意の“エロ男爵”キャラを歌声に込める。

最終更新:9月20日(火)6時7分

スポーツ報知