ここから本文です

【U16】久保、2戦連続2発!日本8得点の圧勝!

スポーツ報知 9月20日(火)6時5分配信

◆U―16アジア選手権 ▽1次リーグB組 日本8―0キルギス(19日・インド)

 日本はFW久保建英(たけふさ、15)=F東京U―18=の2試合連続2得点などでキルギスに8―0で圧勝した。久保は1点リードの前半42分に右足で得点を挙げると、後半ロスタイムの47分には左足でダメ押し点をマーク。16日のベトナム戦と合わせ、2戦4発の活躍でチームを連勝に導いた。次は22日にオーストラリアと対戦する。

 誰よりも落ち着いていた。前半42分、相手のクリアが目の前にこぼれてきた久保は、シュートフェイントで1人かわし、利き足とは逆の右足を振り抜いた。ゴール左へ2試合連続となる得点を決めると、後半47分にはペナルティーエリアの外から得意の左足でミドルシュートを突き刺した。

 劣悪なピッチを攻略した。大会前の水戸合宿では、凸凹の多いインドのグラウンドに合わせ、あえて芝を伸ばした練習場で“予行演習”した。森山佳郎監督(48)は「久保は(以前所属した)バルサでも、日本でもキレイな芝しか経験していない。アジアの環境でどれだけできるか」と話していたが、この日は芝の影響を受けるゴロのパスではなく、浮かしたパスを多用。後半7分にはFW中村のゴールをアシストするなど、環境に合わせたプレーを披露。

 飛び級で20年東京五輪での活躍が期待される中学3年生が、2大会ぶりのU―17W杯出場へ導く。

最終更新:9月20日(火)6時5分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報