ここから本文です

【DeNA】池田球団社長インタビュー「ラミ監督で完成“戦える空気”」

スポーツ報知 9月20日(火)8時2分配信

 初のクライマックス・シリーズ(CS)進出を決めたDeNAの池田純球団社長(40)が、スポーツ報知の単独インタビューに応じた。12球団最年少社長は、球団創設から5年間を振り返り、万年Bクラス球団を生まれ変わらせた道のりを明かした。(取材・構成=神原 英彰)

 球団創設から粉骨砕身した池田社長にとっても、CS進出は価値あるものだった。

 「5年で優勝争いができる組織にしたいと思い、これまでずっとやってきた。一定の結果に達した」

 11年12月。DeNA本社から春田初代オーナーらと球団経営に移り、35歳で社長に。らつ腕を振るってきた企業経営とは異なる点も多かった。

 「プロ野球にはチームあり、地域がある。経営としてすごく特殊だった。苦労したのは、横浜に受け入れられること。それがないと、プロ野球のビジネスは成立しない」

 そのための努力は惜しまなかった。横浜の財界人らが集まる会合には可能な限り顔を出し、信頼を積み上げた。

 「球団は低迷し続けてきたし、チームとしても成績が出なかった。経営に対する信頼度は低い。そういう中から横浜の地域に受け入れられることが大事だった」

 球団運営では、無料で子供たち74万人に球団帽を無料配布、本拠地・横浜スタジアムの株式公開買い付け(TOB)、球団オリジナルビールの開発など、新しい挑戦を常に続けた。

 「すべてを楽しませたかった。お客さんも横浜の街も元気にしたい。日本で一番元気があり、楽しいことに挑戦している。それが横浜の球団だと、みんなに認められるように5年間やってきたつもりです」

 Bクラスに沈んでいたチーム運営は一枚岩となって戦う「空気作り」に腐心。13年には会話のささいなすれ違いから、試合後のベンチ裏でコーチと口論となったと報道されたこともある。

 「改革が求められる時にあつれきが起きるのは必然。数年前は『このまま負けちゃうかも…』という空気が多かった。空気を作るのではなく、組織を変えなればいけない段階。5年目にして戦える空気、組織になったから、結果が付いてきた」

 1年目の12年、春季キャンプ前日。「経営は私が必ず再建する。だから、ファンのために結果を出せるチームになってほしい」と選手に訴えかけた。情熱は結実する。当初、閑古鳥が鳴いていた客席は動員率9割以上で推移。買収前は30億円とも言われた赤字経営は劇的に改善され、今年、初の黒字化も達成する見込みだ。

 「経営側にできる最大のコントロールは常に満員の球場にすること。そういう球場で、ファンも見たいし、選手もやりたいだろう、と。5年たって、いろんな空気が変わったと思う。お客さん、球場、チームの空気も。あとはいい空気を作り続けられるように、それを自分の役割と思ってやってきた」

 チーム強化への道のりで最後のピースを埋めたのが、ラミレス監督の手腕だった。

 「いつも組織の空気はトップが作る。チームも同じ。監督は勝った時、『グレートゲーム!』のひと言で、パッといい空気のまま終わる。心が一定でアップダウンも少ない。大きかったのは負けが込んだ4月を乗り越えたこと。負けても次の日は同じリズムで向かう。だから、選手も同じリズムで戦えたし、143試合の長丁場としていいマネジメントをしてくれた」

 勤勉で知性派。ファンに意外性を持って受け入れられた指揮官の哲学だが、社長にとってはそうではない。

 「選手時代からもう5年の付き合いになる。選手時代は『ラミちゃん』として、昨年12月から『ラミレス監督』として接してきた。外からの見え方とは全然違うけど、しっかりした考えを持った人。だからこそ、監督にお願いした。『どうにか勝ちたい、CSに行きたい』という選手たちの空気が全体的な方向として向いていたし、結果としてCSにも行ってくれた。すごくいいチームになったと思う」

 社長に就いた当初、この状況は予測できていたのか。

 「予測ではなく、これは目標だった。黒字にしなきゃいけない、一体経営しなきゃいけない、全試合満員にしなきゃいけない、と1年目から思ってやってきた。何が大変だったというより、どうにか満員にしたい、チームが結果を出すようになってもらいたいし、その中で5年間没頭してきたつもりです」

 そう言って、言葉を続ける。

 「5年という大きなタイミングで、黒字化も実現し、球団と球場の一体経営も実現し、CSという一定の強さにも到達した。この先の未来に、横浜の街と人が楽しく元気であり続けるための土台は作れたと思う」

 球団初のCS進出。今、思うのは横浜とファンへの感謝だ。

 「日本一になった98年以来、横浜の街が元気になるターニングポイント。横浜とファンと初めて共に見られる9月と10月の秋の景色。5年間の恩返しが少しはできた」

最終更新:9月20日(火)22時38分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報