ここから本文です

沢村一樹、JUJUと主題歌歌う 『レンタル救世主』限定ユニット結成

オリコン 9月20日(火)5時0分配信

 歌手のJUJUが、俳優・沢村一樹と“期間限定”ユニットを結成したことが19日、わかった。10月9日スタートの沢村主演ドラマ『レンタル救世主』(毎週日曜 後10:30 ※初回のみ10:00放送開始 日本テレビ系)の主題歌を担当することになったJUJUが、ドラマにちなんで「レンタル救世主として一緒に主題歌を歌ってください」と沢村に依頼。沢村は役柄の「明辺悠五」として引き受け、まさかの“JUJU feat. 明辺悠五”のデュエットが実現した。

【写真】役柄の明辺悠五としてJUJUと主題歌を歌う沢村一樹

 ドラマでは“期間限定”で人助けする「レンタル救世主」明辺悠五として、さまざまな依頼を受けている沢村だが、撮影現場を訪れたJUJUから主題歌コラボを依頼された。沢村は「まさかJUJUさんから主題歌のオファーが来るとは思ってもいなかったので、依頼が来たときには3度聞き返しました(笑)」と驚きつつも、最後には快諾し「全力で取り組みます」と宣言した。

 しっかりとボイストレーニングを積んでレコーディングに臨んだ沢村は「とにかく緊張しましたし、改めて“歌手の方ってすごいな”と率直に思いました」と感心しつもも、「歌い始めてみるととても楽しくて、何でも一度はやってみるものだな、と思いました。日曜ドラマの曲として、『明日からも元気に!』なれる曲になっていますので、ドラマと一緒にぜひお楽しみください!」と笑顔で呼びかけた。

 “依頼人”のJUJUは「昔から沢村さんのことは大好きだったので、まさか一緒に歌える時が来るなんて思っていませんでした。『レンタル救世主』様様です(笑)。普段もすてきな声だなと思っていましたが、実際に歌っていただいて、やっぱりすてきな歌声でとても感動しました!『レンタル救世主』に頼んでよかったです!」と大満足していた。

最終更新:9月20日(火)5時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。