ここから本文です

【GOLF】F.モリナリが2度目の母国OP制覇 D.ウィレットとの優勝争い制す

ISM 9月19日(月)5時19分配信

 欧州ツアーのイタリアンオープンが現地時間18日、ゴルフクラブ・ミラノで順延分の第3ラウンドと最終ラウンドの競技を終了。2006年王者のフランセスコ・モリナリ(伊)が強豪ダニー・ウィレット(英)との優勝争いを1打差で制し、10年ぶりの大会2勝目を飾った。

 長丁場の戦いとなった最終日、地元ギャラリーの声援を背に第3ラウンドを「64」で締めたモリナリは、ウィレットと通算16アンダー首位に並び最終ラウンドへ。前半「31」のチャージで抜け出しながら終盤には同選手に1打差まで迫られたが、トータル1イーグル、5バーディ、1ボギーの6アンダー「65」をマークし、マスターズ王者を僅差で振り切った。

 競技後、モリナリは「まるでローラーコースターみたいだった」とラウンドを振り返りつつ「こんなに多くの人が僕の応援に来てくれたなんて本当に驚きだ」とファンへの感謝を口に。母国で挙げた久々の勝利は2012年以来のツアー4勝目。また、同大会がツアーで初開催された1972年以降、イタリア人として初の大会2勝達成となった。

 ウィレットは最終ラウンドを1イーグル、3バーディの「66」で回り、首位と1打差の通算21アンダー2位。今季3勝目とはならなかったが、2週後のライダーカップへ弾みをつけている。以下、クリス・ペイズリー(英)らが4打差3位タイ、ライダーカップ欧州チームのラファエル・カブレラ-ベロ(スペイン)と昨季覇者リカルド・カールバーグ(スウェーデン)は通算14アンダー12位タイとなっている。

最終更新:9月19日(月)5時19分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]