ここから本文です

【ローズS】ハナ差でヒヤッ!シンハ、2冠へV発進

サンケイスポーツ 9月19日(月)9時40分配信

 第34回ローズステークス(18日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1800メートル、1着本賞金5200万円、1~3着馬に秋華賞の優先出走権 =出走15頭)池添謙一騎乗の1番人気シンハライトが後方追走から直線で力強く伸び、粘る11番人気のクロコスミアをハナ差かわしてV。オークス馬が秋初戦で底力を見せた。タイム1分46秒7(重)。3着カイザーバルまでが秋華賞(10月16日、京都、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得。2番人気で桜花賞馬のジュエラーは11着に大敗した。

 ハナ差でヒヤッとさせたが、灰色の雲に覆われ雨水を含んだ仁川の重いターフで、オークス馬の強さを見せつけた。4カ月ぶりの実戦となったシンハライトが、初めての重馬場を問題にせず、世代NO・1の豪脚を発揮。単勝オッズ1・6倍の断トツ人気に応えて、牝馬2冠を手繰り寄せた。

 「3コーナーで自分の思ったポジションを他馬に取られ一列後ろになったが、シンハライトを信じて進めた。直線で少しモタモタしたが、エンジンがかかってからの反応はいつも通り。坂でかわせると思ったので、あそこまでギリギリになるとは思わなかったが、強かった」

 池添騎手は苦笑いを浮かべた後、樫の女王の強さに改めて感服した。

 道中は中団の後ろを追走。直線では前とは大きな差があったが、大外から1頭だけがグイグイと脚を伸ばし、逃げ粘るクロコスミアをゴール寸前でかわした。ハナ差とはいえ、先行馬が活躍したこの日の阪神の馬場で、メンバー中ただ1頭、上がり3ハロン34秒を切る33秒7の豪脚は、春よりすごみを感じさせ、小差で勝ち切る勝負根性も変わらない。「しっかりと勝ち切るのはたいしたものだし、後ろから、あの脚を使ったのはシンハライトだけ」とジョッキーは大きくうなずいた。

 馬体重はオークスからプラス14キロの436キロ。石坂調教師は「馬体重が示すようにパワーアップしている。ただ、成長分はあるが、パドックでは少し太いかなと思った」と本番での上積みに手応えをもつ。ジョッキーも「少し太かったので、よくなる」と力強い。

 秋華賞の舞台となる京都芝内回り2000メートルは直線が短く、先行馬有利だが「この乗り方では届かない。今回と本番の乗り方は変わる」と池添騎手は心得ている。この日の夜、大阪市内のホテルで行われた「オークス祝勝会」に花を添えたシンハライトが、秋は“1強”として2冠制覇に挑む。 (森本昭夫)

■シンハライト

 父ディープインパクト、母シンハリーズ、母の父シングスピール。黒鹿毛の牝3歳。栗東・石坂正厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績6戦5勝。獲得賞金2億8642万6000円。重賞は2016年GIIIチューリップ賞、GIオークスに次いで3勝目。ローズSは、石坂正調教師が12年ジェンティルドンナ、15年タッチングスピーチに次いで3勝目、池添謙一騎手は11年ホエールキャプチャに次いで2勝目。馬名は、「宝石名。輝かしい成績をおさめられるように。母名より連想」。

最終更新:9月19日(月)9時55分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]