ここから本文です

台風16号 九州上陸へ、前線の影響で広範囲に激しい雨 関東には20日夜にも接近

産経新聞 9月19日(月)15時16分配信

 台風16号は19日、東シナ海を九州方面へ進み、20日未明には暴風域を伴って九州南部に上陸するとみられる。関東には20日夜から21日朝にかけて接近する。台風接近で西日本から東日本にかけて秋雨前線が活発化しており、気象庁が警戒を呼びかけている。

 気象庁によると台風16号は19日正午現在、奄美大島の北西約240キロ沖を時速約20キロで北東へ進んだ。中心気圧945ヘクトパスカル、最大風速45メートルの非常に強い勢力で半径110キロ以内は暴風域となっている。20日夜にかけて列島南岸を東へ進み、21日朝には温帯低気圧に変わって太平洋側へ抜ける。

 秋雨前線の影響で九州北部、近畿中部、北陸では24時間雨量が200ミリに達した所がある。今後、台風本体の通過で東日本にかけて1時間80ミリの猛烈な雨が降る恐れがあり、河川の氾濫や土砂災害に警戒が必要だ。一方、前線と別に関東沖にも雨雲が形成されており、伊豆半島や房総半島などでも大雨の恐れがある。

 20日正午までの24時間予想雨量は多い所で九州300ミリ、四国250ミリ、近畿、伊豆諸島150ミリ。21日正午まででは、いずれも最大で近畿400ミリ、東海300ミリ、関東甲信などで200ミリ。

 気象庁の黒良龍太現業総括予報官は「台風から離れた場所でも大雨に注意が必要」と呼びかけた。

最終更新:9月19日(月)18時39分

産経新聞