ここから本文です

ロシア下院選 プーチン与党が圧勝、4分の3超の議席確保へ

産経新聞 9月19日(月)20時47分配信

 【モスクワ=黒川信雄】18日に投開票されたロシア下院選(定数450)で、中央選管は19日、開票率93%時点の中間発表に基づき、政権与党「統一ロシア」が全議席の4分の3超の343議席(改選前238)を確保する見通しだと発表した。

 統一ロシアの比例代表の得票率は54・28%だが、得票率5%に至らなかった政党は議席が獲得できないうえ、全議席の半数を選出する小選挙区でも統一ロシアが約9割の203議席を獲得するとみられている。

 共産党が42議席(同92)で続き、極右の自由民主党が39(同56)、左派系の公正ロシアが23(同64)の見通し。リベラル系政党「ヤブロコ」は、比例代表の得票率で政党助成金を受けられる3%にも届かないとみられる。

 知事らを選ぶ地方選も同時に実施され、チェチェン共和国のカディロフ首長らが当選を確実にした。

最終更新:9月19日(月)20時47分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。