ここから本文です

【レディスプレリュード】タマノブリュネットが差し切って重賞初V

サンケイスポーツ 9月19日(月)16時55分配信

 9月19日(月)の大井競馬11Rで行われた第13回レディスプレリュード(交流GII、3歳以上オープン、牝馬、選定馬、別定、ダート・右1800メートル、14頭立て、1着賞金=3100万円)は、田辺裕信騎手騎乗で4番人気のタマノブリュネット(美浦・高柳瑞樹厩舎)が快勝。重賞初勝利を挙げるとともに、JBCレディスクラシック(11月3日、川崎、交流GI、ダート・左1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分54秒7(重)。単勝1.3倍と断然の人気だったホワイトフーガは、トーコーヴィーナス(9番人気)とともに1馬身1/2差の2着(同着)だった。

 9番手あたりを進んでいたタマノブリュネットは4コーナー5番手から一気に脚を伸ばし、逃げたトーコーヴィーナスと4番手から内を突いたホワイトフーガを差し切った。

 ◆田辺裕信騎手「牝馬の割にどっしりと構えてブレない馬。もともと先行するタイプではないので、ゲートの出方や周りの馬次第だったんですが、スムーズに運べたと思います。一時期、結果が出ていなかったんですが、復活の兆しがありました。1000万下を勝ったばかりで、力は出してくれたと思います」

 レディスプレリュードの勝ち馬タマノブリュネットは、父ディープスカイ、母カフェピノコ、母の父ジェイドロバリーという血統。栗毛の4歳。北海道浦河町・三嶋牧場の生産馬で、玉腰勇吉氏の所有馬。通算成績は16戦5勝(うち地方4戦2勝)。レディスプレリュードは、高柳瑞樹調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。

最終更新:9月19日(月)17時23分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]