ここから本文です

阪神・金本監督「スカッとしてくれましたかね?」 今季甲子園で巨人戦初勝利

サンケイスポーツ 9月19日(月)17時0分配信

 (セ・リーグ、阪神4-1巨人、23回戦、巨人15勝7敗1分、19日、甲子園)阪神は、ドラフト1位の高山俊外野手(23)=明大=が、先制の7号ソロを含む4打数3安打1打点など、若虎打線が活躍すれば、先発岩貞祐太投手(25)が8回5安打1失点で8勝目(9敗)を挙げた。巨人に4-1で勝ち、チームは今季ホーム甲子園での巨人戦で、11試合目で初勝利となった。

 今季、ここまで甲子園での巨人戦は9敗1分けと勝てなかった。この日は、投打の歯車がガッチリかみ合い、ついに甲子園で初めて巨人に勝った。

 8勝目でプロ入り後初の規定投球回にも到達した岩貞は、「巨人に甲子園で勝っていなかったので、絶対勝つという気持ちでした。打者の方に感謝したい。(援護が)4点あったので、ホームラン1本くらいは…、という気持ちでストライク先行で行けました」と胸を張った。

 一回に初球本塁打など3安打の高山は「本塁打? 積極的に行こうと思って…、いい結果になってよかった。歓声も気持ちよかった。新人王? 狙えるものは狙っていきたい」と、虎党の大歓声を浴びた。

 金本監督も、甲子園での巨人戦初勝利に「まあ、やっとですね、ハイ」とホッとした様子。そして、「岩貞は全部よかった。序盤も安心してみていられた。(高山は)思い切りのよさというか、狙ったボールは必ず一振りで仕留める、これからもやってほしいですね。まあ、大したものですね」と、投打のヒーローを評価した。

 若虎の活躍もあっての快勝で、「ファンも喜んでいる」と振られると、「スカッとしてくれましたかね? (これからも)目先の試合を精一杯頑張ります」と、申し訳なさそうにコメントした。

最終更新:9月19日(月)18時28分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。