ここから本文です

マルーン5、アダムの赤ちゃん誕生が迫り公演をキャンセル

BARKS 9月21日(水)14時10分配信

マルーン5は、フロントマン、アダム・レヴィーンの第一子誕生を控え、すでに現行の北米ツアーの一部日程(9月後半から10月初め)を延期していたが、出産が早まったのだろう、月曜日(9月19日)のコネチカット公演をキャンセルした。出産予定日は20日だと噂されていた。

◆マルーン5画像

先に日程の変更が告知された9月21日から10月1日までの7公演は、2017年2月に振り替えられるが、月曜日の公演はチケットを払い戻すそうだ。これ以上、スケジュールの変更はないという。10月3日にツアーを再開する予定。

今月初め、これらの公演の延期を発表した際、アダムは「完璧に計画したと思っていても、人生では時としてこういうことが起きる。ベハティ(奥さん)と僕はもうじき、初めての子の誕生を祝うことになる。みんな、理解してくれると思う。僕はその場にいなくてはならない。でも、残念ながら、それはマルーン5の公演をいくつか延期しなくてはならないことを意味する。ファンに迷惑をかけるかもしれないのはわかっている。それには謝罪します。(延期した公演のオーディエンスには)春に会えるのを楽しみにしています」との声明を出していた。

次にステージに戻ったとき、アダムはパパになっている。

Ako Suzuki

最終更新:9月21日(水)14時10分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。