ここから本文です

ディープ・パープル、新作は2017年2月発表予定

BARKS 9/21(水) 14:13配信

ディープ・パープルのドン・エイリー(Key)が6月、ニュー・アルバムのレコーディングを終了したと明かしていたが、リリースは現在のところ、2017年2月を予定しているそうだ。

フロントマンのイアン・ギランは、『Anti Hero Magazine』のインタビューで「2月に出すと聞いている」と話した。その後、「いつものように2年間ツアーに出る」という。

彼らの新作は2013年の『Now What?!』以来、20枚目のスタジオ・アルバムとなる。前作同様、ボブ・エズリンがプロデュースしている。

ギランは、ディープ・パープルの曲作りの過程についてこう語った。「ディープ・パープルは第一に、インストゥルメンタル・バンドだ。(スタジオでは)昼ごろ、みんなが集まり、ジャムを始め、3時に休憩を取り6時までやる。毎日そうだ。ロジャー(・グローヴァー)と俺は音楽を聴いてて、ちょっと遅くなることもある。それで、アルバムに相応しい曲だと思ったら、アレンジだったり、どうやって展開したらいいか、改めてその曲に取り組むんだ。そういうのが全て済んだとき、俺は歌詞について考え始める。その前に取り掛かる意味はないんだよ。(ジャム中の曲は)何もかも、毎日どころか2時間おきに変わってくるんだから」

また、先日、リッチー・ブラックモアから「ディープ・パープルは働き過ぎ」「何人かは体調を崩し始めている。イアンはよく病気になる。僕は、彼らは休みを取るべきだと思う」との発言があったが、それを知ってか知らずか、イアンはこのインタビューでこう話している。「ツアーすることにストレスは感じていない。この前、検査を受けたとき、医者にこう言ったんだ。1番気分がいいのは、ツアーに出ている時だって」

Ako Suzuki

最終更新:9/21(水) 14:13

BARKS