ここから本文です

“宮農”日向夏で菓子 2年生が店と開発

宮崎日日新聞 9月19日(月)11時57分配信

 宮崎市の宮崎農業高(矢田憲太朗校長、592人)の食品工学科2年生は、同市の菓子店「お菓子のひろや」(川添浩和代表)の協力を得て、同校で栽培した農産物を使った商品開発に取り組んでいる。18日には、考案したレシピを基に同店のパティシエが技術指導。生徒は製造の過程やこつなどプロの技を間近で学んだ。

宮崎日日新聞

最終更新:9月19日(月)11時57分

宮崎日日新聞